Nコネクタ

Nコネクタ インターフェイス


Nコネクター

Nコネクタ
Nコネクタは当初軍事用途で1GHz程度の周波数で信号を伝送するように設計されました。
近年では、DC-11 GHzの周波数をカバーします。

ねじ結合方式の中型コネクタで、高周波対応で精度が高く主に無線通信・計測機器に用いられています。
カップリングは5/8-24インチねじで、カップリングナットに六角ナット付きもございます。

周波数特性が良く、UHF帯に用いられることが多いコネクタです。また耐候性に優れている為、通信システムの基地局用としての需要も多いです。特性インピーダンスが50Ωのほかに75Ωの
製品もありコンタクトピンの径が50Ωの物より細いです。
これらは互換性がないため使用時には注意が必要となります。

Nコネクタの耐電力は5000W@20MHz、500W@2Ghz (VSWR=1.0)です。
コネクタの耐電力のピークは中心導体と外部導体間にある空気の絶縁破壊により決定され、
平均耐電力は中心コンタクトの挿入損失による加熱に決定されます。
米軍規格はベースになるMIL-STD-384 RevAで変更通知版 (change Notice 1) が発行されて
います。305.1、 305.2 ページがNになります。
(ベース及び変更通知版も同様のページになります)

ストレートタイプ、ライトアングルタイプ、パネル取付タイプ、中継用アダプタ等各種取り扱いがございます。


取り扱い製品一覧へ戻る

電気的性能、機械的性能、材質

電気的性能
  MIL-C-39012 C規格
インピーダンス   50Ω 75Ω
周波数   最適範囲 DC 11GHz 最適範囲DC 1GHz
    最大 DC 11GHz以下 最大DC 1.5GHz
VSWR 3-15 ストレートタイプ:1.30
ライトアングルタイプ:1.50以下
挿入損失 3-29 ストレートタイプ:0.2dB以下、3GHz時
ライトアングルタイプ:0.3dB以下、3GHz時
RF漏 3-28 -90dB以上、2~3GHz時
絶縁抵抗 3-11 5000MΩ以上
接触抵抗(mΩ) 3-16 中心コンタクト:テスト前 1.5 テスト後 1.5
外部コンタクト:テスト前 0.2 テスト後 ー
定格電圧   Sea Level:1000Vrms、21000m:250Vrms
絶縁体耐電圧   Sea Level:1500Vrms、21000m:375Vrms
RF耐電圧   Sea Level:1500Vrms (周波数5MHz)

機械・耐環境性能
挿抜耐久性 500回以上
挿抜力 68N.cm
ケーブル保持力 5/50ケーブル:180N、10/50ケーブル:400N
中心導体保持力 軸方向: 67N、トルク回転:27N.cm
  MIL-C-39012 C規格
温度範囲   標準タイプコネクタ:-65℃ +165℃
気密タイプコネクタ:-65℃ +100℃
セミリジットケーブル対応コネクタ:
-65℃ +105℃
温度サイクル 3-20 MIL-STD-202、Method 107、Condition B
高温試験   MIL-STD-202、Method 108
腐食(塩水噴射) 3-13 MIL-STD-202、Method 101、Condition B
耐振性 3-18 MIL-STD-202、Method 204、Condition B
耐衝撃性 3-19 MIL-STD-202、Method 213、Condition G
耐湿性 3-21 MIL-STD-202、Method 106
気密度   MIL-STD-202、Method 112、Condition C
材質
材料
ボデー/中心導体(オス) 真鍮 (QQ-B-26)
中心導体(メス) リン青銅
フェルール 真鍮
絶縁体 PTFE
ガスケット シリコン
めっき
ボデー ニッケル
中心接触  

サブコンテンツ

製品情報、技術情報

カタログ、製品の規格、技術情報はこちらから


  • 同軸コネクタインターフェース規格
  • 主な同軸コネクタ嵌合部(インターフェース)はMIL-STD-348にて定められており
    下記改版表の最新のChange Noticeが現在有効なインターフェースです。
    改版表(Revision Table)でどのChange Noticeが最新かを確認頂けます。
    MIL-STD-348RevisionTable
    LinkIconMIL-STD-348 Rev A
    LinkIconMIL-STD-348 Change-Notice1 LinkIconMIL-STD-348 Change-Notice2 LinkIconMIL-STD-348 Change-Notice3
    LinkIconMIL-STD-348 Change-Notice4 LinkIconMIL-STD-348 Change-Notice5 LinkIconMIL-STD-348 Change-Notice6

    このページの先頭へ